知らない間にお肌の老化は進んでいます。あなたの肌年齢をチェックして、今すぐ必要な肌ケアを始めましょう!

あなたの肌年齢はいくつ?

あなたの肌年齢はいくつ?

肌年齢が若い女性

年齢を聞かれた時、想像以上に高く思われて、ショックを受けた事はないでしょうか。

また、逆に、異様に低くみられる人もいます。

人間の外見年齢は、声の調子、服装、メイクの仕方そういったもので、決まってきます。

皆様、絵画はお好きでしょうか。

アルフォンスミュシャ、フェルメール等の画集の女性は非常に美しいのです。

何故かと言うと彼女たちの肌にはくすみが無く各々の色彩にあった肌の色になっているためです。

あまりこういう類型論は、よくないのですが日本人には青みがかった肌のブルーアンダー、そして黄色っぽいイエローアンダーの人がいます。

私は漆黒に青が混じった濡れ羽色の髪でブルーアンダーに属します。

黒を容易に着こなせるタイプです。

逆にイエローアンダーの方はやや黄色がかった色彩の持ち主です。

若いうちはコントラストが強い服、愛らしい色も着こなせても、年齢と共ににあわなくなっていくのです。

肌の保水力と弾力、そして脂分の問題です。

肌は細胞が連なった薄い層です。

皆様、京都の生八つ橋を御存知でしょうか。

皮だけのものも人気ですがもちもちして美味しいですね。

でも、何もしないでいますと、干からびてカピカピになってしまいます。

肌年齢が上がった肌は、この干からびた八つ橋のようなものです。

干からびさせないためには、まずは乾燥を防ぐことが大切です。

化粧水、乳液等を使って適度に保湿をしていきます。

そうすることで摩擦で皮膚の下のメラニン色素が出てきて、シミなどが出ることがないのです。

紫外線も徹底的にカットしましょう。

乾燥とシミの要因になってしまいます。

肌の細胞が自動的に死んで次の細胞に入れ替わるアポトーシスを助けるのが肌年齢をあげない方法のひとつです。

ビタミンCやアミノ酸、コラーゲン、肌を守るエストロゲンに似たイソフラボンも多くとっていくといいでしょう。

後はたばこや酒は控えて、ストレスを溜めず自分に合った化粧品を選択していくことも大切です。

肌チェックなども必要です。
 

あなたが老けて見えるのは何故?

スキンケアする女性

日本人の悪癖に、初対面で年齢を聞くというものがあります。

皆様は、上に見られますか、それとも、下に見られますでしょうか。

実際に言うときは相手のリアクションが怖いという方もおいででしょう。

以前バブル期に、ディスコなるものがはやった時期がありました。

そこの支配人がおっしゃったのは未成年とそうでない方の区別は肌でわかるということでした。

未成年は法の関係で入場できないのがディスコです。

どんなに発育が良くても肌の状態で、識別できるのです。

肌年齢です。

老けて見えてしまう方の肌の特徴は全体的に肌の張りがない、たるむ、そしてくすむ、シミやしわがあるということです。

若い方の肌はふわっとして柔らかいのです。

でも、年を経ていくとともに今まで食べたものや、浴びた紫外線が老けて見える要因になります。

アンデスの高地の女性は、20代でも紫外線量が多いので、乾燥しておばあさんに見えます。

肌がダメージを受けているためです。

逆に日本人は、谷崎純一郎が『陰翳礼讃』の中で描いたように、水気を帯びた柔らかい肌の持ち主です。

海外の方から見ますと、すごく若く見えるのです。

赤子のような肌と言われますが、肌理が細かいのが特徴です。

その分、繊細で傷がつきやすいのです。

肌年齢をあげないためにはまず肌の保護と肌を作っている細胞の保水力を保つことが大切です。

後はクマなどもでないように血行が良くなるツボ押し等していくといいかもしれません。

今からでも肌年齢は下げられます。